電話エッチ

キャバクラで働きだして半年。未だ売り上げに貢献できていなく、指名してくれるお客様もいない。同期で働いている友達は少しずつ使命をもらっているのに私だけもらえないことに焦りを感じています。

そんなある日、新規のお客様が来店しました。店のママがお客の使命がない私をそのお客様の席に着かせてくれました。「初めまして、あゆです。」「初めまして。可愛いね、この店の女の子の中で1番タイプかも。」「嬉しいありがとうございます。」そうしてお客様はどんどん高いお酒を入れてくれました。初めて入れてくれる高いお酒に私はすごく嬉しくいつも以上に接客を頑張りました。
テレH

それから3時間後、お客様が帰るので店の外まで見送りに行きました。「あゆさえ良ければ今度電話していい。」「是非。」「その時は電話エッチしてくれたらまたお店に行くね。」「本当ですか。楽しみにしています。」このときはお客様の言葉があまり耳に入りませんでした。しかし、その日の夜そのお客様から電話がありました。「約束通り電話したよ。電話エッチしよう。」「えっ、あ、あの私そういうのしたことがない。」「俺がリードするから。」断りたかった。でもまたお店に来てくれるなら受け入れるしかないと、私は彼の電話がかかるたび電話エッチをしました。彼は私の感じる偽りの声に喜んでいました。

その後お客様が本当に来店してくれるので嬉しかったです。何がいいかわからないけれど、しばらくはこの関係を続けようと思います。
オナニー電話
テレビ電話