パパ募集

私は今、パパ募集をしていたこともあって芸能界をなんとか生きていってます。

パパがいない時、私自身は読者モデルをやっていましたが、まだまだ有名ではありません。パパが見つかれば私が出ている雑誌たくさん買ってくれるかなと、欲しい物もたくさん買ってくれるかなと思っていました。だから、決して興味がない貿易会社の合コンや、年配の飲み会のお付き合いなど断らずに積極的に参加してます。もちろんその時にパパ募集の話も冗談ぽく伝えます。すると「私がパパになろうか。」と、言ってくれる人が出てきます。しかし、パパ募集しているからって誰でもいいわけではありません。その人がお金持ちで、芸能界でも知り合いが多数いるならパパになってもらうし、いないのにただ身体目当てならお断りをします。
愛人探し

そして、今の私には3人のパパがいます。パパ達のおかげで、雑誌モデルだった私がテレビに出演したり、写真集を出せるようになりました。もちろん、その分のお礼はちゃんとします。「パパ、今日ありがとう。テレビに出演させてくれて。」「奈々ちゃんはトークも面白いし、見た目も可愛いから出演して当たり前だよ。でもテレビに出てもっと人気が出たら俺のことを相手にしなくなるのかな。」「そんなことないよ。パパが奈々を支えてくれなきゃ生きていけないし、奈々はパパのことが1番好きなんだから。」「ありがとう。」こういう甘い言葉をパパに言うと喜ぶ。残り2人のパパにも同じように甘い言葉を言ってる私。

私が超有名になってパパがいなくても平気なるまではこの関係を続けないと駄目だと思っている私。まだまだ私は芸能界で生き残るためにこれからも頑張っていきます。
パパ活サイト
エッチなしでお金くれる人